104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

村上 華岳

村上 華岳Kagaku Murakami
1888年 − 1939年

大正・昭和を代表する日本画家。 描く仏画や菩薩像には独特の世界観が表現されており

その内容の深さには高い評価がされている。

 

代表作

『夜桜之図』(1913年)(京都国立近代美術館)

『日高河清姫図』(1919年)(東京国立近代美術館)重要文化財

略歴

1888年大阪に生まれる。本名は武田震一(のちに村上震一)。 幼い頃に家庭の事情で実父母の元を離れ、叔母の嫁ぎ先である神戸の村上家に預けられ神戸に育った。実父は死去し、実母は行方知れずとなり、少年ながら家督を継ぐ。
1904年武田家の廃家が決まり、震一は養父母の村上を名乗ることとなる。
1907年京都市立美術工芸学校を卒業。
1909年京都市立絵画専門学校に入学。
1911年同校を卒業する。在学中より文展に出品。
1916年華岳にとって初めての仏画「阿弥陀如来図」が特選を受賞する。
1918年京都市立絵画専門学校の同窓であった、土田麦僊・榊原紫峰・小野竹喬・野長瀬晩花の若手5人で国画創作協会を設立。
1923年京都から現在の兵庫県芦屋市に転居。
1927年神戸市花隈に転居する。
1928年国画会日本画部の解散以降は京都画壇とも距離を置き、小品の発表のみを続け自らの画業を邁進した。
1939年喘息のため51歳の若さで逝去する。