104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

富岡 鉄斎

富岡 鉄斎Tessai Tomioka
1837年 − 1924年

その画風は主に中国古典を題材にしているが、文人画を基本に、大和絵、狩野派、琳派、大津絵など様々な絵画様式を加え、極めて創造的な独自性を持っている。80歳を過ぎてますます隆盛で、色彩感覚の溢れる傑作を描いた。
生涯を文人として貫き、その自由で奔放な画風を用いる鉄斎は最後の文人と称され、近代日本画に独自の地位を占めた。

代表作
『阿倍仲麻呂明州望月図』『円通大師呉門隠栖図』1914年/辰馬考古資料館(国の重要文化財)

略歴

1837京都に生まれる。 初めの名は猷輔、のちに百錬と改名。 号は初めは裕軒、のちに鉄崖、鉄斎、鉄道人など。 耳が少し不自由であったが15歳頃から国学、漢学を学ぶ。
1856久保田雪鷹に絵の手ほどきを受け、南画を小田海僊に、大和絵を浮田一蕙に学んだ。 幕末には勤皇学者として国事に奔走し、維新後の30歳から40代半ばまで大和石上神宮や和泉鳳神社の神官を務めた。
1869私塾立命館で教員になる。
1890京都美術協会委員
1891京都市立日本青年絵画共進会顧問
1896田能村直入・谷口藹山らと日本南画協会を発足させ南画の発展にも寄与しようとした。
1917帝室技芸員
1919帝国美術院会員
192489歳で死去。