104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

後藤 純男

後藤 純男Sumio Goto
1930年 − 2016年

真言宗住職の家で育つ。
中学校を卒業した後に山本丘人に師事。
小中学校の教諭として生計を建てながら絵の勉強を続け、3年後には山本丘人の紹介により田中青坪に師事。
22歳の時に院展で初入選を果たし、画家人生をスタートさせ、教員生活に終止符をうつ。
1955年頃から関西や四国の真言宗の寺を巡って生き、スケッチを続ける。

日本美術院同人・理事。

東京芸術大学名誉教授。

中国西安美術学院名誉教授。

略歴

1930千葉県東葛飾郡(現野田市)に生まれる。
1946山本丘人に師事。
1952院展初入選。5年間の教員生活を終える。
1954日本美術院院友に推挙される。
1962院展奨励賞受賞。(以後7回)
1963春の院展奨励賞受賞。(以後6回)
1965院展日本美術院賞・大観賞受賞。(同’69)日本美術院特待に推挙される。
1972文化庁買い上げ。
1974日本美術院同人に推挙される。
1976院展文部大臣賞受賞。(同’86)
1979現代日本絵画展代表団の一員として初めて中国を訪問。その後頻繁に中国へスケッチ旅行に出かける。
1986中国・西安美術学院名誉教授となる。 院展内閣総理大臣賞受賞。
1988東京芸術大学・美術学部教授となる。(~’97) 高野山東京別院に襖絵「高野山の四季」を奉納。
1993奈良・長谷寺に襖絵「夏冬山水」を奉納。
1997北海道上富良野町に後藤純男美術館を開館。
1999東京都高幡不動尊金剛寺に襖絵「桂林山水朝陽夕粧」を奉納。
2000埼玉県松伏町名誉町民となる。上富良野町社会貢献賞受賞。
2006春の叙勲で旭日小綬章を受章。
2016日本芸術院賞恩賜賞受賞。 東京芸術大学名誉教授となる。 86歳で死去。