104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

川端 龍子

川端 龍子Rush Kawabata
1885年 − 1966年

油絵を学んでいたが、1913年に渡米した際、日本人が洋画を描くことの厳しい現実を突きつけられる。

失意の中、ボストン美術館にて鎌倉時代の「平治物語絵巻」をみて感動。

帰国後は日本画家に転向することになる。
独学で日本画を描いた龍子は4年という速さで日本美術院同人となるが美術院の新古典的作風に対し、

龍子の描く大胆豪快の色彩と筆致は、粗暴で鑑賞に堪えないと非難を受け、院展の中では異端の存在となっていく。
1928年には院展同人を辞し、豪快な大作主義による「会場芸術」としての日本画を提唱し、「青龍社」を設立。

独自の世界へ進む。

代表作
『芭蕉翁』 和歌山県立近代美術館蔵、1923年(大正12年)
『鳴門』 山種美術館蔵、1929年(昭和4年)
『草炎』 東京国立近代美術館蔵、1930年(昭和5年)

 

WEBサイト:  http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/ryushi/

略歴

1885年和歌山県和歌山市に生まれる。
1985年家族とともに東京へ移住し、白馬会研究所で油絵を学ぶ。
1906年太平洋画研究所で学ぶ。油絵で文展で入選。
1913年渡米。帰国後は日本画家に転向することになる。
1915年平福百穂らと「珊瑚会」を結成。院展初入選。
1917年日本美術院同人となる。(1928年に辞す)
1929年「青龍社」を設立。
1937年帝国芸術院会員になる。(4年後に辞任)
1949年文化勲章受章。
1966年81歳で死去。