104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

小川 芋銭

小川 芋銭Usen Ogawa
1868年 − 1938年

小川家は武家で、常陸国牛久藩の大目付であったが廃藩置県により農家となる。
明治14年(1881)に彰技堂で初めは洋画を学ぶも、漢画を抱朴斎より手ほどきを受け、ほとんど独学で日本画を描くようになる。
尾崎行雄の推挙により朝野新聞社で挿絵や漫画を描いていたが本格的な日本画家を目指すため大正4年(1915)に川端龍子らとともに珊瑚会を結成。
珊瑚会展に出品した「肉案」が横山大観に認められ、大正6年(1917)に日本美術院同人となる。
生涯のほとんどを牛久で過ごし、農業を営みながら暮らした。
画号の芋銭は「自分の絵が芋を買うくらいの銭になれば」という思いからである。

 

 

代表作
『水虎と其眷族』1921/ 愛知県美術館蔵
『若葉に蒸さるる木精』1921/愛知県美術館蔵
『水魅戯』1923年/ 茨城県近代美術館蔵

略歴

1868年江戸赤坂溜池の牛久藩邸内に生まれる。幼名は不動太郎のちに茂吉。
1880年牛久の小学校(前期)を卒業、上京する。
1881年本多錦吉郎の画学専門校「彰技堂」に入り洋画を学ぶ。(明治18年全科修了)
1888年朝野新聞の客員となり、挿絵を掲載。
1893年東京を離れ牛久に戻り農業に従事。翌々年結婚。新聞などへの挿絵や漫画の掲載も続ける。
1915年川端龍子らと「珊瑚会」結成。日本画を制作する。
1917年珊瑚会展への出品作をきっかけに日本美術院同人となる。
1921年中央公論に昭和12年まで口絵を描く。
1935年新帝国美術院展の参与に推される。
1983年70歳で死去。