104-0061 東京都中央区銀座6-4-7
G・O・West bldg 10F / 11F
Tel 03-3573-0505 Fax 03-3573-0510
E-mail mail@eizendo.com
WEB www.eizendo.com

  • f

取扱作家

池田 遙邨

池田 遙邨Yoson Ikeda
1895年 − 1988年

15歳で松原三五郎の天彩画塾に入り洋画を学んだ後、24歳で竹内栖鳳の竹杖会に入り日本画に転向。
歌川広重の影響をうけ、法被姿で東海道五十三次を3度旅をし、昭和6年に「昭和東海道五十三次」が完成。
戦後にはユーモアと詩情に富んだ独自の表現を見つけ、受け継がれてきた写生的なこだわりのない、新しい風景画を発表。
また、晩年には種田山頭火に夢中になり、山頭火の姿で旅をし、山頭火の俳句をモチーフに描いた。

略歴

1895年岡山県浅口郡(現倉敷市)に生まれる。本名は昇一。
1910年松原三五郎の天彩画塾に入り洋画を学ぶ。
1914年文展に水彩画で入選。
1919年竹内栖鳳の「竹杖会」に入塾。帝展に日本画で入選。
1926年小野竹喬、鹿子木孟郎らと鳥城会を結成。 京都市立絵画専門学校研究科卒業。
1928年帝展特選受賞。 上村松篁、山口華楊らと水明会を結成。 歌川広重にならい東海道を徒歩で旅しスケッチする。
1972年京都府美術工芸功労者顕彰。
1973年京都市文化功労者顕彰。
1953年画塾・青塔社を結成。日展評議員となる。
1960年日本芸術院賞受賞。 京都府美術工芸功労者顕彰。 京都市文化功労者顕彰。
1976年日本芸術院会員となる。
1984年文化功労者顕彰。
1987年文化勲章受章。
1988年急性心不全により92歳で死去。