新着情報

作品紹介を更新しました(難波田龍起/青の形象)

印刷会社泣かせのこの青は、幾重にも重ねられた難波田先生の色彩の魔法とでもいうべきでしょうか。

いや、魔法などとは失礼で、そこには「青」という色の正体が描かれています。

美しく深い青は、見るたびに色を変え、深淵な青の世界に誘ってくれます。

「精神の産物であるマチエールがなければ、抽象絵画はデザインになってしまう」と難波田先生は残しています。

下記のリンクよりご覧ください。

「青」の正体(難波田龍起)