野田 弘志Hiroshi Noda

画歴

昭和11年(1936) 韓国全羅南道に生まれ、1945年から広島県で過ごす。
昭和31年(1956)  阿佐ヶ谷美術学園洋画研究所に通う。森清治郎に絵を習う。 
昭和35年(1960)  白日会展初入選。白日賞受賞。 
昭和36年(1961)  白日会展プルーヴー賞受賞、白日会準会員となる。
  東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻(小磯良平教室)卒業。 
  東急エージェンシー企画調査部制作課にイラストレーターとして入社する。
昭和37年(1962)  白日会会員となる。東急エージェンシーを退社。デザイン会社を設立し、イラストレーターとして活躍。
昭和45年(1970)  画業に専念するべく、イラストレーターを辞する。個展を中心に作品を発表。 
昭和49年(1974)  東京造形大学非常勤講師となる。(~’76)
昭和57年(1982)  白日会展内閣総理大臣賞受賞。 
平成元年(1989) 朝日新聞社主催野田弘志展開催。
平成4年(1992) 安田火災東郷青児美術館大賞受賞。
平成6年(1994) 宮本三郎記念賞受賞。
平成7年(1995) 広島市立大学芸術学部教授となる。(~’05)
平成26年(2014) 映画「魂のリアリズム 画家野田弘志」公開。