西田 俊英Shunei Nishida

画歴

昭和28年(1953) 三重県伊勢市に生まれる。
昭和44年(1970) 中部春陽会賞受賞。
昭和50年(1975) 院展入選。
昭和52年(1977) 武蔵野美術大学日本画科卒業。奥村土牛、塩出英雄に師事。
昭和58年(1983)  山種美術館賞展優秀賞受賞。 
昭和59年(1984) 東京セントラル美術館日本画大賞展大賞受賞。
平成2年(1990) 第1回両洋の眼・現代の絵画展推奨受賞。
平成5年(1993) 渡印。(文化庁在外研修員)
平成7年(1995) 春の院展奨励賞受賞。 (同’96) 院展日本美術院賞(大観賞)受賞。(同’97)
  足立美術館賞受賞。(同’06年)
平成8年(1996) 院展奨励賞受賞。天心記念茨城賞受賞。日本美術院奨学金賞受賞。
平成10年(1998) 日本美術院同人推挙。
平成13年(2001) 国会議事堂に於ける参議院議長肖像揮毫画、奈良県立万葉文化館日本画制作。
平成14年(2002) 院展文部科学大臣賞受賞。
平成17年(2005) 院展内閣総理大臣賞受賞。
平成24年(2012) MOA岡田茂吉賞大賞受賞。