藤島 武ニTakeji Fujishima

画歴

慶応3年(1867)  鹿児島に生まれる。 中学時代から日本画を学ぶ。
明治17年(1884) 上京。川端玉章に日本画を学ぶ。 
明治23年(1890) 山本芳翠の生巧館で曾山幸彦に洋画の指導を受け、明治美術会に出品する。
明治29年(1896)  黒田清輝の推薦で東京美術学校の助教授に推薦される。
  白馬会の結成に加わる。 
明治38年(1905)  文部省より4年間の留学を命じられフランス・イタリアで学ぶ。 
明治43年(1910) 帰国後、東京美術学校教授となる。 
大正13年(1924)  帝国美術院会員となる。
昭和12年(1937)  最初の文化勲章受章者となる。 
昭和18年(1943) 75歳で死去。