菱田 春草Shunso Hishida

画歴

明治7年(1874)
長野県飯田に生まれる。
明治23年(1890) 
東京美術学校に入学。横山大観、下村観山の一学年後輩で、橋本雅邦に師事する。
明治31年(1898) 
同校より排斥された岡倉天心、師事している大観、観山らと共に美校を去り、日本美術院の創設に参加した。
明治33年(1900)
従来の日本画に欠かせなかった線描を消し去る画風になる。西洋画にみられる画風に取り組むも、「朦朧体」と揶揄され避難を浴びる。第一回文展に出品するも、その手法の革新性に審査員には理解されることはなかった。
明治36年(1903)
大観と共にインドへ渡航。
明治37年(1904)
天心、大観と共にアメリカ・ヨーロッパを回り翌年帰国した。
明治39年(1906)
日本美術院の五浦に移住。大観、観山らと共に制作に励んだ。眼病を患うようになる。
明治41年(1911)
治療のため、東京の代々木へ居を移した。
明治44年(1911)
腎臓疾患のため36歳の若さで死去した。