菊池 契月Keigetsu Kikuchi

画歴

明治12年(1879) 長野県に生まれる。旧姓は細野。
明治25年(1892) 南画家・児玉果亭に入門し「契月」の雅号を与えられる。
  小学校高等科を卒業したのち、画業への思いが強くなり京都へ出奔。初めは京都の南画家・内海吉堂に師事する。 
明治30年(1897) 内海の紹介で京都の日本画家・菊池芳文の門下へ加わる。
明治39年(1906)  27歳で芳文の娘・アキと結婚して、菊池家の婿養子となり、以後菊池姓を名乗った。 
明治41年(1908)  文展で二等賞を受賞。以降も数々の入選をする。
明治44年(1911)  京都市立絵画専門学校の助教諭となる。 
大正11年(1922)  京都市からヨーロッパの視察出張に派遣され1年間の間フランス、イタリアを中心に美術を学んだ。
昭和7年(1932) 京都市立絵画専門学校と京都市立美術工芸学校の両行の校長となったが、昭和8年にはそれらの職を退いて、絵画専門学校仙人の教授となる。(昭和11年に退官)
昭和22年(1947) 日本芸術院会員。
昭和25年(1950) 京都市立美術大学名誉教授となる。
昭和29年(1954) 京都市名誉市民となる。平等院鳳凰堂の壁画模写の指導にあたる。
昭和30年(1955) 脳塞栓により75歳で死去。