脇田 和Kazu Wakita

画歴

明治41年(1908) 東京に生まれる。 
大正12年(1923)  ドイツに渡り、ベルリン国立美術学校で学ぶ。(’30帰国)
昭和7年(1932) 太平洋画会展初入選。
昭和8年(1933)  光風会展賞受賞し会友となる。 
昭和11年(1936) 猪熊弦一郎、小磯良平らと新制作派協会を結成。 
昭和30年(1955)  日本国際美術展最優秀賞受賞。
昭和31年(1956)  グッゲンハイム国際美術展日本国内賞受賞。
昭和39年(1964) 東京芸術大学助教授となる。(’68~教授)
平成10年(1998)  文化功労者顕彰。
平成11年(1999) 東京芸術大学名誉教授となる。
平成17年(2005)  97歳で死去。