竹内 栖鳳Seiho Takeuchi

画歴

元治元年(1864) 京都に生まれる。 本名は恒吉。
明治10年(1877) 四条派の土田英林に絵を習いはじめる。 
明治14年(1881)  幸野楳嶺の私塾へ正式に入門。 早くから画才を認められる。
明治22年(1889) 京都府画学校で指導にあたる。 
明治32年(1899) 京都市立美術工芸学校で若手画家の指導にあたった。 
明治33年(1900)  7か月かけてヨーロッパを旅行。ターナー、コローなどから影響を受けた。
  棲鳳から栖鳳に号を改める。 画塾「竹杖会」を主宰。
明治42年(1909) 京都市立絵画専門学校教授となる。
大正2年(1913)  帝室技芸員となる。 
大正8年(1919) 帝国美術院会員となる。
昭和12年(1937) 文化勲章を受章。
昭和17年(1942)  78歳で死去。