海老原 喜之助Kinosuke Ebihara

画歴

明治37年(1904)  鹿児島に生まれる。 
大正11年(1922)  上京し川端画学校で学ぶ。
大正12年(1923) 1933年まで渡仏。藤田嗣治に師事。
  二科展初入選。
大正13年(1924)  サロン・ドートンヌ初入選。 
昭和2年(1927) サロン・ド・レスカリエにジャコメッティ、カンビレとともに招待され3人展を開催。エコール・ド・パリの新人として期待される。
昭和10年(1935) 独立美術協会会員となる。
昭和15年(1940) 日本大学美術科講師となる。(’43退職)
昭和26年(1951) 海老原美術研究所を設立。
昭和34年(1959)  日本国際美術展最優秀賞受賞。 
昭和39年(1964) 芸術選奨文部大臣賞受賞。
昭和45年(1970) パリにて、66歳で死去。