池田 遙邨Yoson Ikeda

画歴

明治28年(1895) 岡山県浅口郡(現倉敷市)に生まれる。本名は昇一。
明治43年(1910)  松原三五郎の天彩画塾に入り洋画を学ぶ。
大正3年(1914) 文展に水彩画で入選。
大正8年(1919)  竹内栖鳳の「竹杖会」に入塾。帝展に日本画で入選。
大正15年(1926)  小野竹喬、鹿子木孟郎らと鳥城会を結成。
  京都市立絵画専門学校研究科卒業。 
昭和3年(1928)  帝展特選受賞。
  上村松篁、山口華楊らと水明会を結成。 
  歌川広重にならい東海道を徒歩で旅しスケッチする。 
昭和47年(1972) 京都府美術工芸功労者顕彰。
昭和48年(1973) 京都市文化功労者顕彰。
昭和28年(1953) 画塾・青塔社を結成。日展評議員となる。
昭和35年(1960)  日本芸術院賞受賞。
  京都府美術工芸功労者顕彰。
  京都市文化功労者顕彰。
昭和51年(1976)  日本芸術院会員となる。
昭和59年(1984) 文化功労者顕彰。
昭和62年(1987) 文化勲章受章。
昭和63年(1988) 急性心不全により92歳で死去。