武者小路 実篤Saneatsu Mushakoji

画歴

明治18年(1885)  東京に生まれる。
明治36年(1903) 学習院大学高等学科に進む。トルストイに惹かれる。 
明治39年(1906) 東京帝国大学入学。(翌年退学)
明治40年(1907)  学習院時代から親しくしていた志賀直哉らと文化研究会「十四日会」を作る。美術への関心も深めていく。
明治41年(1908)  処女作品集『荒野』を自費出版。 
明治43年(1910)  志賀直哉らと「白樺」創刊。(1923年終刊)
大正6年(1917)  白樺で西洋美術館設立を提唱。セザンヌやロダンを日本に初めてに紹介した。
大正7年(1918) 階級闘争のない理想的な世界の実現を目指し、宮崎県に「新しき村」建設。
大正12年(1923)  この頃から絵を描き始める。
大正14年(1925)  日本最初の文庫本「村の本」刊行。
昭和4年(1929) 美術品販売店と出版の店を開設。
昭和10年(1935) 国画会会友となる。
昭和12年(1937) 帝国芸術院会員となる。(1946年辞任)
昭和14年(1939)  小説「愛と死」を発表。 (菊池寛賞受賞)
昭和26年(1951)  文化勲章受章。
昭和38年(1963)  実篤原作のNHK連続テレビ小説「あかつき」放映。
昭和51年(1976)  90歳で死去。