横山 大観Taikan Yokoyama

画歴

明治元年(1868)
茨城県の水戸に生まれる。旧姓は酒井、本名は秀麿。のちに母方の横山姓を継ぐ。
はじめは東京英語学校で学ぶも絵画に興味を抱き、東京美術学校を受験するため狩野芳崖らに教えを受ける。
明治22年(1889) 東京美術学校に第一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦らに学ぶ。
明治26年(1893) 東京美術学校を卒業。京都に移り仏画の研究を始める。
明治28年(1895) 京都市立工芸学校の予備会員となる。この頃より雅号を「大観」とする。
明治29年(1896) 同職を辞すと、母校の東京美術学校の助教授に就任。
明治31年(1898)
校長の岡倉天心の排斥運動が起こり、天心が失脚。共に、助教授を辞し、日本美術院創設に参加する。
 
美術院の活動の中で、大観は西洋絵画から得た技法で、かつての日本画にはない新な技法で線描を抑えた没線描法の絵画を発表するも、その画風は「朦朧体」と呼ばれ多く批判された。
 
保守的な風潮の強い国内での活動に行き詰まりを感じ、菱田春草と共に海外へ渡り、ニューヨークやボストンなどで展覧会を行う。
 
海外で展覧会を重ね、高い評価を受けて日本へ帰国する。
明治40年(1907)
文部省美術展(文展)の審査員を務める。
大正2年(1913) 守旧派に押されて活動が途絶えていた日本美術院に再興に至る。以後は日本画壇の重鎮として確固たる地位を築く。
昭和9年(1935) 朝日文化賞を受賞。
昭和10年(1935)
帝国美術院会員となる。
昭和12年(1937)
第一回文化勲章を受章。
昭和26年(1951)
日本美術院会員を辞す。同年文化功労者となる。
昭和33年(1958)
死去