榊原 紫峰Shihou Sakakibara

画歴

明治20(1887)  京都に生まれる。本名は安造。 
明治40年(1907)  京都市立美術工芸学校卒業。竹内栖鳳より伝統的な四条派の写生画を学んだ。
明治44年(1911) 京都市立絵画専門学校卒業。 
大正7年(1918) 土田麦僊らと国画創作協会を結成。 
昭和3年(1928)  国画創作協会日本画部が解散となる。
新樹社や春虹会の結成にも関わったが、以降は画壇とは距離を置き独自の画業に勤しんだ。
昭和12年(1937) 京都市立絵画専門学校教授に就任。 
昭和37年(1962)  日本芸術院恩賜賞を受賞した。
昭和46年(1971) 83歳で死去。