森田 りえ子Rieko Morita

画歴

昭和30年(1955) 兵庫県神戸市に生まれる。
昭和55年(1980)  京都市立芸術大学日本画専攻科(現大学院)修了 。 
昭和56年(1981)  春季創画展春季展賞受賞。  
昭和57年(1982)  東京セントラル美術館日本画大賞展佳作賞受賞。  
昭和59年(1984) 東京セントラル美術館で初の個展開催。 
昭和61年(1986) 川端龍子大賞展大賞受賞。 
平成4年(1992)  京都府文化賞奨励賞受賞。
平成7年(1995) ユニオン造形デザイン賞受章。 
平成12年(2000)  京都市芸術新人賞受賞。 
平成15年(2003)  光が丘美術館10周年記念「森田りえ子展」開催。 
平成18年(2006) 京都迎賓館に作品制作。
平成19年(2007) 金閣寺(鹿苑寺)本堂杉戸絵および客殿天井画制作 。
平成20年(2008) 奈良東大寺絵馬作成(以後毎年作成)
平成21年(2009) 真澄寺別院流響院・襖絵制作。
平成23年(2011) 京都府文化賞功労賞受賞。
平成24年(2012) 日本・オマーン国交樹立40周年記念「森田りえ子日本画展」開催。
平成25年(2013) 京都市立芸術大学客員教授就任。