梅原 龍三郎Ryuzaburo Umehara

画歴

明治21年(1888)  京都に生まれる。 
明治36年(1903)  学校を中退し、伊藤快彦の鍾美会で学んだ後、浅井忠の聖護院洋画研究所(現関西美術院)に入った。
明治41年(1908)  渡仏、パリのアカデミー・ジュリアンに入学。ルノワールの絵に感激し、翌年本人から指導を受ける。
大正2年(1913)  帰国し、個展を開催。
大正3年(1914) 二科会の設立に参加。
大正11年(1922) 春陽会の設立に参加。(数年後に退会)
大正14年(1925)  国画制作協会に合流。(3年後に協会が解散、洋画部は国画会となる)
昭和10年(1935)  帝国美術院会員となる。
昭和19年(1944)  帝国技芸員となる。東京美術学校教授となる。
昭和27年(1952)  東京美術学校教授を辞し、渡欧、ヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員をつとめる。
  文化勲章受章。
昭和61年(1986) 97歳で死去。