松岡 映丘Eikyu Matsuoka

画歴

明治14年(1881)  兵庫県神崎郡に生まれる。幼少時に長兄に引き取られ、現在の茨城県相馬郡に移った。
明治28年(1895) 狩野派の橋本雅邦に師事。のちに兄の友人の紹介で住吉派の山名貫義に入門。
  のちに兄の友人の紹介で住吉派の山名貫義に入門。本格的に大和絵や歴史画、有職故実を研究するようになる。
明治32年(1899) 東京美術学校日本画科に入学し、川端玉章・寺崎広業らの指導を受ける。 
明治37年(1904)  東京美術学校を主席で卒業。 
明治41年(1908)  東京美術学校教授の小堀鞆音の抜擢で同校助教授に就任。 
明治45年(1912)  文展で初入選し、以後官展を中心に活躍した。
大正5年(1916)  金鈴者の結成に参加。 
大正10年(1921) 「新興大和絵会」を創設し大和絵の復興運動を展開した。
昭和10年(1935) 帝展の改組で画壇が多くの衝撃を受けると、長年勤めた東京美術学校を辞し、同年「国画院」を結成した。
昭和12年(1937) 帝国芸術院会員となる。
昭和13年(1938)  56歳で死去。