村上 華岳Kagaku Murakami

画歴

明治21年(1888)
大阪に生まれる。本名は武田震一(のちに村上震一)。

幼い頃に家庭の事情で実父母の元を離れ、叔母の嫁ぎ先である神戸の村上家に預けられ神戸に育った。実父は死去し、実母は行方知れずとなり、少年ながら家督を継ぐ。
明治37年(1904)
武田家の廃家が決まり、震一は養父母の村上を名乗ることとなる。
明治40年(1907)
京都市立美術工芸学校を卒業。
明治42年(1909)
京都市立絵画専門学校に入学。
明治44年(1911)
同校を卒業する。在学中より文展に出品。
大正5年(1916)
華岳にとって初めての仏画「阿弥陀如来図」が特選を受賞する。
大正7年(1918)
京都市立絵画専門学校の同窓であった、土田麦僊・榊原紫峰・小野竹喬・野長瀬晩花の若手5人で国画創作協会を設立。
大正12年(1923)
京都から現在の兵庫県芦屋市に転居。
昭和2年(1927)
神戸市花隈に転居する。
昭和3年(1928)
国画会日本画部の解散以降は京都画壇とも距離を置き、小品の発表のみを続け自らの画業を邁進した。
昭和14年(1939)
喘息のため51歳の若さで逝去する。