杉本 健吉Kenkichi Sugimoto

画歴

明治38年(1905)  愛知県名古屋市に生まれる。 
大正14年(1925) 岸田劉生の門下生となる。
大正15年(1926)  春陽会入選。 
昭和12年(1937) 国画奨励賞受賞。
昭和21年(1946) 日展特選受賞。
昭和25年(1950)  吉川英治作「新・平家物語」の挿絵を7年間担当する。 
昭和37年(1962) ヨーロッパへスケッチ旅行。以後毎年海外スケッチ旅行に行く。
昭和58年(1983)  大阪四天王寺「聖徳太子絵伝」完成。
平成6年(1994) 愛知美術館にて「画業70年の歩み 杉本健吉展」開催。
平成16年(2004) 99歳で死去。