木村 武山Buzan Kimura

画歴

明治9年(1876) 茨城県笠間市に生まれる。本名は信太郎。 
  幼い頃より、地元の南画家桜井華陵に師事し、12歳頃より「武山」を号する。
明治23年(1890)  上京し東京開成中学に入学するが、翌年東京美術学校に編入する。 教授の下村観山の影響を強く受ける。
  同じころ川端玉章の画塾天真社でも学ぶ。
明治29年(1896)  同校にとどまって日本画研究科に進む。 
明治31年(1898)  日本美術院創設に参加する。
明治39年(1906)  日本美術院第一部(絵画)の五浦移転に一家で同行。多くの作品は五浦時代に描かれている。 
大正3年(1914) 日本美術院の再興にも参加し、日本美術院の発展に大きく貢献した。 
昭和12年(1937) 脳内出血で倒れ、郷里の笠間で休養するようになる。利き手の右手が病のため効かなくなると、左手で絵筆をとり「左武山」と言われるようになる。 
昭和17年(1942)  喘息により67歳で死去。