有島 生馬Ikuma Arishima

画歴

明治15年(1882) 神奈川県横浜市に生まれる。 
明治29年(1896)  学習院中等科で志賀直哉らと文芸サークル「睦友会」を結成し文芸評論などを発表。
明治33年(1900)  日本の古典文学に夢中になる。また、ローマの宗教美術を見てイタリアで絵を学びたいと思うようになる。
明治37年(1904)  東京外国語学校卒業と同時に洋画家藤島武二に入門。 
明治38年(1905)  イタリアへ渡る。国立ローマ美術学校入学。
明治43年(1910)  帰国し、「白樺」同人となる。セザンヌを日本に紹介。
明治44年(1911)  文展入選。
大正3年(1914)  二科展を結成。(1935年脱退)
昭和3年(1928)  渡欧、フランスでレジオン・ドヌール勲章受章。
昭和10年(1935)  帝国美術院会員となる。日本ペンクラブ副会長となる。
昭和11年(1936)  一水会設立に参画。
昭和22年(1947)  日本芸術院会員となる。
昭和33年(1958)  日展常務理事となる。
昭和39年(1964) 文化功労者顕彰。
昭和49年(1974) 91歳で死去。