徳岡 神泉Shinsen Tokuoka

画歴

明治29年(1896)  京都市に生まれる。 
明治42年(1909)  竹内栖鳳の画塾竹杖会に入る。翌年京都市立美術工芸学校絵画科入学。
  京都市立美術工芸学校卒業後、京都市立絵画専門学校入学。 
大正6年(1917)  京都市立絵画専門学校卒業。
大正8年(1919)  落選が続いていたが、日本無名展で褒章受章。俊成の号を用いる。
大正9年(1920)  号を神泉と改める。 初めからやり直すことを決め、再び竹杖会に入る。
大正14年(1925)  帝展初入選。(初出品から12年後)
大正15年(1926)  帝展特選受賞。(’26)
昭和14年(1939)  新文展出品作文部省買い上げ。 
昭和26年(1951)  日本芸術院賞受賞。
昭和32年(1957) 日本芸術院会員となる。
昭和41年(1966)  文化勲章受章。
昭和47年(1972) 76歳で死去。