後藤 純男Sumio Goto

画歴

昭和5年(1930)  千葉県東葛飾郡(現野田市)に生まれる。
昭和21年(1946)  山本丘人に師事。
昭和27年(1952)  院展初入選。5年間の教員生活を終える。 
昭和29年(1954)  日本美術院院友に推挙される。 
昭和37年(1962)  院展奨励賞受賞。(以後7回)
昭和38年(1963)  春の院展奨励賞受賞。(以後6回) 
昭和40年(1965)  院展日本美術院賞・大観賞受賞。(同’69)日本美術院特待に推挙される。  
昭和47年(1972)  文化庁買い上げ。
昭和49年(1974)  日本美術院同人に推挙される。 
昭和51年(1976) 院展文部大臣賞受賞。(同’86)
昭和54年(1979) 現代日本絵画展代表団の一員として初めて中国を訪問。その後頻繁に中国へスケッチ旅行に出かける。
昭和61年(1986) 中国・西安美術学院名誉教授となる。
  院展内閣総理大臣賞受賞。
昭和63年(1988) 東京芸術大学・美術学部教授となる。(~’97)
  高野山東京別院に襖絵「高野山の四季」を奉納。
平成5年(1993)  奈良・長谷寺に襖絵「夏冬山水」を奉納。 
平成9年(1997) 北海道上富良野町に後藤純男美術館を開館。
平成11年(1999) 東京都高幡不動尊金剛寺に襖絵「桂林山水朝陽夕粧」を奉納。
平成12年(2000) 埼玉県松伏町名誉町民となる。上富良野町社会貢献賞受賞。
平成18年(2006) 春の叙勲で旭日小綬章を受章。
平成28年(2016) 日本芸術院賞恩賜賞受賞。
  東京芸術大学名誉教授となる。
  86歳で死去。