岸田 劉生Ryusei Kishida

画歴

明治24年(1891) 東京銀座に生まれる。 
明治41年(1908)  白馬会洋画研究所に入り黒田清輝に師事。
明治43年(1910)  文展入選。
明治45年(1912)  高村光太郎らとフュウザン会を結成。
大正4年(1915) 中川一政らと草土社を結成。(第9回展までの全てに出品)
大正6年(1917) 鵠沼へ移住、体調を崩し療養生活へ。
大正7年(1918)  娘の岸田麗子を描くようになる。
大正11年(1922) 春陽会の設立に客員として参加。
大正12年(1923) 関東大震災により、京都へ移住
昭和4年(1929) 尿毒症により、38歳で死去。