岡田 三郎助Saburosuke Okada

岡田 三郎助

画歴

 明治2年(1869)  備前鍋島藩(現在の佐賀)の名家であった石尾家に生まれる。幼名は芳三郎。
 明治19年(1886)  岡田家の養子となり、曽山幸彦の画塾で洋画を学ぶ。
 明治22年(1889)  明治美術会会員となる。
 明治27年(1894)  フランス帰りの黒田清輝、久米圭一郎の画塾、天真道場に入門し黒田清輝に師事する。
明治29年(1896) 黒田清輝らと白馬会の創立に参加し、同年に東京美術学校の助教授となる。
明治30年(1897)  第一回文部省の留学生として渡仏。ラファエル・コランに師事する。
 明治35年(1902)  帰国する。同年には東京美術学校の教授に就任する。また、東京勧業博覧会で一等賞を受賞し、第一回文展をはじめ各展で審査員をつとめた。
 明治45年(1912)  藤島武二と共に本郷洋画研究所を創設。多くの後進の指導にあたる。
 昭和9年(1934)  帝室技芸員会員に選ばれる。
 昭和12年(1937)  文化勲章を受章した。
 昭和14年(1939)  9月23日自宅で死去。