小杉 放菴Hoan Kosugi

画歴

明治14年(1881)  栃木県に生まれる。 本名は国太郎。
明治29年(1896)  五百城文哉の内弟子となる。 
明治32年(1899)  上京し、小山正太郎主宰の画塾「不同舎」に入る。
明治35年(1902)  太平洋画会会員となる。
明治36年(1903) 近事画報社に入る。 
明治38年(1905)  石井柏亭らと美術文学雑誌「平旦」創刊。 
明治43年(1910)  文展三等賞受賞。翌年、翌々年と二等賞(最高賞)受賞。
大正2年(1913)  ヨーロッパなどを旅する。
大正3年(1914)  再興された日本美術院に同人として参加し、洋画部を主宰する。 (’20脱退)
大正11年(1922)  春陽会の創立に参加。 
大正14年(1925) 東京大学安田講堂の壁画を描く。 
昭和10年(1935)  帝国美術院会員となる。(’37帝国芸術院会員、’59日本芸術院会員辞退)
昭和39年(1964) 82歳で死去。