小川 芋銭Usen Ogawa

画歴

明治元年(1868)  江戸赤坂溜池の牛久藩邸内に生まれる。幼名は不動太郎のちに茂吉。
明治13年(1880) 牛久の小学校(前期)を卒業、上京する。
明治14年(1881)  本多錦吉郎の画学専門校「彰技堂」に入り洋画を学ぶ。(明治18年全科修了)
明治21年(1888)  朝野新聞の客員となり、挿絵を掲載。
明治26年(1893) 東京を離れ牛久に戻り農業に従事。翌々年結婚。新聞などへの挿絵や漫画の掲載も続ける。
大正4年(1915)  川端龍子らと「珊瑚会」結成。日本画を制作する。
大正6年(1917)  珊瑚会展への出品作をきっかけに日本美術院同人となる。
大正11年(1921)  中央公論に昭和12年まで口絵を描く。
昭和10年(1935)  新帝国美術院展の参与に推される。
昭和13年(1983) 70歳で死去。