安井 曽太郎Sotaro Yasui

画歴

明治21年(1888)  京都に生まれる。 
明治37年(1904)  聖護院洋画研究所にて、浅井忠・鹿子木孟郎らに師事して絵を学ぶ。 梅原龍三郎も在籍していた。
明治40年(1907)  渡欧。フランスではアカデミージュリアンに入り、ジャン=ポール・ローレンスに学んだ。 
大正3年(1914)  体調悪化と第一次世界大戦の影響を受け帰国する。 
大正4年(1915)  二科展に渡欧作44点を出品。一躍画壇に認められ、二科会会員に推挙される。
昭和10年(1935)  帝国美術会会員となり、二科会を退会。 
昭和11年(1936)  石井柏亭、有島生馬らと一水会を結成。 
昭和19年(1944)  東京美術学校教授となる。 
昭和27年(1952)  文化勲章受章。 
昭和30年(1955)  67歳で死去。