宇田 荻邨Tekison Uda

画歴

明治29年(1896) 三重県松坂に生まれる。
大正2年(1913)  京都で菊池芳文、菊池契月に師事。
大正7年(1918) 京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)卒業。
大正8年(1919)  帝展初入選。
大正14年(1925)  帝展特選受賞。 
  京都市立美術工芸学校教諭となる。(’29~助教授、’36~教授) 
大正15年(1926)  帝展特選受賞。帝国美術院賞受賞。
昭和31年(1956) 画塾白甲社設立。
昭和36年(1961)  日本芸術院会員となる。
昭和48年(1973) 日展顧問となる。