奥村 土牛Togyu Okumura

画歴

 明治22年(1889)  東京の京橋に生まれる。本名は義三。
 明治38年(1905)  梶田半古に入門。当時塾頭であった小林古径に師事し、古径を生涯、師として仰ぎ続けた。
 明治40年(1907)  東京勧業博覧会に「敦盛」が入選する。
 昭和2年(1927)  再興第14回院展で「胡瓜畑」が初入選し、2年後に院友となる。
 昭和7年(1932)  日本美術院同人になる。
 昭和19年(1935)  帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)の日本画科教授に就任しする。昭和19年(1944)には東京美術学校の講師となる。
 昭和20年(1945)  東京大空襲では家が焼け落ち、長野県佐久郡南穂積町へ疎開する。
 昭和34年(1959)  日本画の最高傑作とも言われる「鳴門」を第44回院展に出品。
 昭和37年(1962)  文化勲章を受章。
 昭和53年(1978)  日本美術院理事長を務める。
平成2年(1990) 101歳の長寿を全うした。