大津 英敏Eibin Otsu

画歴

昭和18年(1943) 熊本県熊本市に生まれる。 
昭和44年(1969)  東京芸術大学大学院(山口薫教授)修了。独立展に初入選。 
昭和46年(1971) 独立展独立賞受賞。(‘72) 
昭和48年(1973) 独立美術協会会員に推挙される。 
昭和54年(1979) 家族で渡欧。(~‘81) 
昭和58年(1983)  安井賞受賞。 
昭和61年(1986)  大牟田文化会館に陶壁画を制作。 
昭和63年(1988) 大津英敏展開催。 
平成元年(1989) 多摩美術大学教授就任。
平成5年(1993)  宮本三郎記念賞受賞。 安井賞展選考委員となる。
平成17年(2005) 損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞。 
平成19年(2007) 日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員となる。 
  多摩美術大学造形表現学部学部長に就任。
平成20年(2008) 東京メトロ副都心線渋谷駅にステンドグラス「海からのかおり」を制作。