大山 忠作Cyusaku Oyama

画歴

大正11年(1922)  福岡県二本松市に生まれる。
昭和18年(1943) 東京美術学校(現東京芸術大学)繰り上げ卒業。 
昭和21年(1946)  日展初入選。
昭和22年(1947) 一采社に参加。山口蓬春に師事する。
  法隆寺金堂壁画模写に参加。
昭和27年(1952)  日展特選受賞。 
昭和43年(1968) 日展文部大臣賞受賞。
昭和48年(1973)  日本芸術院賞受賞。
昭和61年(1986) 日本芸術院会員となる。
平成11年(1999) 文化功労者顕彰。 
平成17年(2005) 日展会長就任。
平成18年(2006) 文化勲章受章。 
平成21年(2009) 86歳で死去。