加藤 東一Toichi Kato

画歴

大正5年(1916)  岐阜県岐阜市に生まれる。 
昭和22年(1947)  東京美術学校(現東京芸術大学)卒業。一采社に参加。
  日展初入選。
昭和23年(1948) 山口蓬春に師事。
昭和30年(1955)  日展特選・白寿賞受賞。
昭和45年(1970)  日展内閣総理大臣賞受賞。
昭和52年(1977) 日本芸術院賞受賞。
昭和59年(1984) 日本芸術院会員となる。
平成元年(1989) 日展理事長となる。
平成5年(1993) 鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画完成。
平成7年(1995)  文化功労者顕彰。
平成8年(1996) 肺炎により、80歳で死去。