佐藤 太清Taisei Sato

画歴

大正2年(1913)  京都府福知山市に生まれる。 本名は實。
昭和8年(1933)  商業学校を卒業後、上京して児玉希望に師事。号を太清とする。
昭和18年(1943)  文展初入選。 1994年の第26回日展まで連続出品。
昭和22年(1947)  日展特選受賞。(’52)
昭和41年(1966)  日展文部大臣賞受賞。
昭和42年(1967)  日本芸術院賞受賞。
昭和43年(1968)  外務省の委嘱により国連本部に納める「白鷺」を制作。 
昭和46年(1971)  日展理事に就任。
昭和47年(1972)  社団法人日本美術家連盟委員に就任。
昭和55年(1980)  日本芸術院会員となる。
昭和60年(1985)  日展理事長に就任。
昭和63年(1988)  文化功労者顕彰。日中文化交流協会常任理事就任。
平成16年(2004)  90歳で死去。