今村 紫紅Shiko Imamura

画歴

明治13年(1880) 横浜に生まれる。 本名は寿三郎。
明治30年(1897) 松本楓湖に師事。 
明治31年(1898)  様々な美しい色彩を表す「千紫万紅」から二字をとり「紫紅」と号する。
  日本美術協会展で入選。 
明治33年(1900) 生涯の画友となった安田靫彦らの紫紅かいに入会する。のちに紫紅会は名前が同じため会名を紅児会と改称。 
  松本楓湖門下生が中心となる巽画会で、歴史画の研究を進め、新日本画のリーダーのような存在になっていく。 
明治40年(1907)  茨城県の五浦にあった日美術院研究所で靫彦とともに岡倉天心の指導を受ける。
明治44年(1911)  ~原三渓の援助を受け、毎月三渓邸で、三渓が収集した日本や中国の古美術鑑賞会で古美術を研究する。
大正3年(1914) インドに渡航する。 
  速水御舟らを率いて赤曜会を結成する。
  日本美術院同人推挙。
大正5年(1916) 35歳の若さで死去。