中村 貞以Teii Nakamura

画歴

明治33年(1900) 大阪市船場に生まれる。本名は清貞。
明治42年(1909)  浮世絵師の長谷川貞信に師事。
大正8年(1919) 美人画家の北野恒富に師事。
大正9年(1920)  大阪美術展初入選。
大正13年(1924)  日本美術院院友となる。
昭和7年(1932)  日本美術院賞第一賞受賞。
昭和9年(1934)  画塾春泥会を結成、主宰者となる。私立長岡美術専門学校講師となる。(~’43)
昭和33年(1958)  日本美術院評議員となる。
昭和41年(1966)  日本芸術院賞受賞。
昭和45年(1970)  真宗大谷派難波別院本堂余間の襖絵「春・得度の図、秋・往生の図」を描く。
昭和52年(1977)  横山大観記念館理事となる。国立国際美術館評議員となる。
昭和53年(1978)  日本美術院理事をつとめる。
昭和57年(1982)  81歳で死去。