中山 忠彦Tadahiko Nakayama

画歴

昭和10年(1935) 福岡県小倉市(現北九州市)に生まれる。 
昭和28年(1953)  伊藤清永に師事。  
昭和29年(1954) 日展初入選。
昭和33年(1958)  白日会会員推挙。
昭和40年(1965)  結婚。良江夫人をモデルにした美人画を描き続ける。
昭和44年(1969) 日展特選受賞。(’81) 
昭和55年(1980) 白日展内閣総理大臣賞を受賞。 
昭和60年(1985) 読売新聞社主催中山忠彦展開催。
昭和62年(1987) 日展会員となる。 
平成2年(1990) 日展会員賞受賞
平成8年(1996)  日展内閣総理大臣賞受賞。 
平成10年(1998) 日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員となる。
平成14年(2002) 白日会会長となる。
平成21年(2009) 日展理事長となる。(~’13)
平成27年(2015) 市川市文化振興財団理事長就任。