下村 観山Kanzan Shimomura

画歴

明治6年(1873) 和歌山県和歌山市に生まれる。 本名は晴三郎。
  幼い頃から狩野芳崖に師事、その後橋本雅邦に師事する。 
明治22年(1889)  東京美術学校に一期生として入学。
明治27年(1894)  東京美術学校卒業後は岡倉天心に認められ同校の助教授となる。
明治31年(1898) 同校より排斥された岡倉天心と共に辞職し、横山大観、菱田春草らとともに日本美術院の創設に参加。 
明治34年(1901) 日本美術院正員のまま東京美術学校教授に復職。
明治38年(1905) 天心に同行し、茨城県北部の五浦海岸の六角堂へ移住し画業に勤しんだ。 
明治36年(1903) 文部省給費留学生として渡欧(~’05)
大正2年(1913)  横山大観らと共に院展の再興を行った。
昭和5年(1930)   57歳で死去。