上村 松園Shoen Uemura

画歴

明治28年(1875)
京都に生まれる。
明治20年(1887)
京都府画学校に入学し、四条派の鈴木松年に師事する。
明治23年(1890)
第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品し、一等褒状受賞する。さらに来日中のヴィクトリア女王の三男であるアーサー王子が購入し、一躍話題となった。
明治26年(1893)
幸野楳嶺に師事。28年(1895)に楳嶺が死去すると、竹内栖鳳に師事するようになる。
明治35年(1902)
信太郎(のちの日本画家上村松篁)を出産。
明治40年(1907)
創設された文展に出品し、三等賞を受賞。以後数々の入選を重ねる。
昭和9年(1934)
帝展に出品した『母子』で帝展参与となる。
昭和10年(1935)
春虹会の結成に加わる。
昭和16年(1941)
帝国芸術院会員となる。
昭和23年(1948)
女性として初めての文化勲章を受章する。
昭和24年(1949)
逝去