三岸 節子Setsuko Migishi

画歴

明治38年(1905)  愛知県に生まれる。 旧姓は吉田。
大正10年(1921)  上京し、岡田三郎助に師事。
大正13年(1924) 女子美術学校を首席で卒業、三岸好太郎と結婚。
大正14年(1925) 春陽会初入選。婦人洋画会結成に参加。
昭和7年(1932) 独立美術協会展初入選。(春陽会から離れる)
昭和11年(1936) 女性画家7人で七彩会を結成。 
昭和14年(1939)  新制作派協会会員となる。
昭和22年(1947)  女流画家協会創立。
昭和43年(1968)  南仏カーニュに移住。 
平成3年(1991) アメリカのワシントン女性芸術美術館で三岸節子展開催。
平成6年(1994) 女流洋画家として初の文化功労者顕彰。
平成11年(1999) 94歳で死去。