小さい画面に宿るリアリズム(須田国太郎)

須田国太郎は近代洋画界では異色の人物である。 22歳の時に京都帝国大学に進み、美術学史を専攻する。『写実主義』と題をとった卒業論文を書き、そのまま大学院に進んで『絵画の理論と技巧』の研究をした。 28歳の時には、大学院を … 続きを読む 小さい画面に宿るリアリズム(須田国太郎)