ブログ

先代へ

早いものであなたが先立たれて今日で一年が経ちました。仕事が好きで、美術が好きで、永善堂をとても大切にしていたあなた…、思い返すとあなたと去年の今朝交わした最後の会話も仕事の話、美術の話でしたね。

この一年間という時の流れはとても早いものでした。どうしたらいいのか解らないことだらけでしたが、社員に支えられ、周りの人々に支えられ、何とか乗り切ることができました。

一人前の美術商として認められ自立することを志している私にとって、あの時交わしたわずかな会話が今はとても懐かしく思えます。また、もはや仕事の相談や指導を乞うことすらかなわなくなってしまったのだという現実を厳しく、そして寂しく受け止めています。

おそらく、これからもより困難なことが多くあるでしょう。しかし、あなたがそうされて来たように私も素直に、一生懸命前を見て自分の信じる道を進んでいきたいと思います。そして、永善堂画廊という会社がお客様に対して本当にいい作品を紹介し続けられるような会社であれるよう精一杯努力してまいります。あなたから見れば、未だ頼りなく安心して立場を任せられる人材ではないと思いますがこれからも見守っていてください。今までありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。

 

永善堂画廊

山村浩一